防犯ボランティアの種類

防犯ボランティアの組織形態については、自治会主体のボランティア組織と、有志によるボランティア組織の、2パターンは少なくともあるようです。前者の場合、高齢者が主体であり活動も何人かでパトロールを行ったり子供の通学見守りであったりと地道な内容も多いようです。
防犯ボランティア組織は、自主的に組織ですから、地域内で複数の団体がすべて情報を共有し連携して動くわけでもないだろうなと考えていたところ、タイムリーに以下の記事を発見しました。

東京都が、防犯ボランティアが地域の犯罪や不審者情報をどう入手しているかについて、2016年3月にアンケート調査を発表しています。

◆地域の防犯ボランティア 「口コミ」重視、進まないネット活用/BuzzFeed Japan 3月29日(火)11時16分配信

>東京都は3月28日、防犯ボランティアが地域の犯罪や不審者に関する情報をどうやって入手しているのかについての調査結果を公表した903団体を対象にしたアンケート(回収率67.6%)

1位:近所(口コミ) 49%
2位:交番・警察 39%
詳細はこちら↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160329-00010002-bfj-soci

>口コミも大事な情報源ですが、不正確な情報が流れてしまうことがあります。

と記事内にもあります。このあたりの運用もあやういのではないでしょうか。検証せず尾ひれはひれをつけて不審者情報がでまわる可能性はないでしょうか?

そして世の男性は、不審者扱いされることをおそれだしてきたのではないでしょうか。
◆迷子に「どうしたの」と声かけるべきか 「不審者」扱い怖く
http://girlschannel.net/topics/83287

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中