映画紹介「善き人のためのソナタ」。シュタージの協力者は100人に1人だった。

週末なので映画のご紹介です。

なぜ、この映画をご紹介するかというと、日本の防犯ネットワークを動員した監視手法とこのシュタージが似ているとよくネット上でとりざたされるためです。対象者の回りを巻き込む手法が特に似ていると。

★この『善き人のためのソナタ』は、ドイツ映画です。
2007年 アカデミー外国語映画賞
2008年 英国アカデミー賞 外国語作品賞
2006年 ドイツ映画賞 監督賞・脚本賞

ほか、数々の賞をGetし絶賛された名作です。主演男女優も美しい方々です。
http://eiga-kaisetu-hyouron.seesaa.net/article/155988717.html
東西冷戦下の東ドイツの秘密警察(シュタージ)が反体制派の監視を大規模におこなっていたという話です。当時弱冠33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク氏監督作品。この若さで凄い。。

もちろん、時代も国も社会環境もかなり違い、この映画の時代ほどハードなことは現在おきていないでしょう。が、、笑えないのはこのくだり↓

>シュタージは反体制派弾圧・監視をする秘密警察機関であり・・>しかも、このほかにIM(Inoffizieller Mitarbeiter)と呼ばれる要員、いわゆる協力者・密告者を17万4千人擁していた。人口1600万人余りの国に26万4千人もの監視員がいるのだ。仮に人口1700万人で計算すると、国民100人当たりにつき、1人以上はシュタージ関係者がいることになる。

すごい数だなと思いますよね。

ですが、日本の防犯ボランティア団体構成員数は、約280万人です。
すでに国民約40人当たりにつき1人以上は防犯ボランティアor防犯パトロール員。
シュタージの協力者よりはるかに多いわけです。
で、こんなこともしていると↓
・やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞
http://megalodon.jp/2009-0403-2216-30/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000026-tsuka-soci

未活動の団体も当然あるでしょうが、相当な数の防犯ボランティア員やら防犯パトロール員が、『わが街に不審者はいないか?どこかにあやしい奴はいないか?』と、熱心にうごいているわけです(地味に真面目な活動をする人たちも大勢いることは承知しています。ただ変な団体も多いわけです)。
だから、近年、ちょっとしたこと、たとえば、子供に挨拶したとか、公園ふらついてるとかで不審者扱いされたりする例が増えているのも、なるほどと。

いずれにせよ良い映画ですのでおすすめです。 ※ニコニコで無料視聴可。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1516150

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中