失業者対策としての防犯パトロール

■失業者対策としての防犯パトロール

○警視庁、ひったくりなどの防犯パトロールを失業者らに委託する初の試み
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-c6b2.html

>警視庁は、ひったくりなどの防犯パトロールを失業者らに委託する試みを新たに始め、その出発式が行われた。綾瀬警察署署長は「地域の住民の皆さんが安心して生活できる平穏な街づくりの一翼を担う極めて重要な業務であります」と話した。7日から始まったパトロールは、ひったくりなど街頭犯罪の防犯にあたる民間の警備員40人。このうち30人は、20~60代までの職を失った人たちで、東京都の緊急雇用対策事業で民間の警備業者に採用される。

☆一つは適性はどうなんだということ。もう一つは厳しい転職市場で中高年男性がやっとえた堅い仕事、まじめに頑張ったのに後々問題ある仕組みだったと知ったら傷つくんだろうなと。。

○渋谷区の「本町一丁目パトロール隊」では、「地域の宗教団体の若者に参加してもらっている。
東京都 青少年・治安対策本部 大東京防犯ネットワーク
http://www.bouhan.metro.tokyo.jp/cgi-bin/volunteer.cgi?orgcd=1213

↑独善的チームになりやすいと思う。

 

◆雇用対策として防犯協会に委託した『防犯パトロール隊事業』でこんな事件も↓。

【事件】署幹部にビール券…防犯協が不適切支出、4000万円 栃木県警、返還要求へ

栃木県警は16日、栃木県防犯協会に委託した平成21~22年度の防犯支援事業をめぐり、県警幹部に対するビール券の購入など私的流用を含む不適切な支出があったとして、約4000万円の返還を求めることを発表した。県警によると、ビール券購入費は約15万円で「謝礼金」とされていた。 記者会見した伊藤晋哉警務部長は「元県警職員の協会幹部が、後輩への激励として渡してしまった 」と釈明。ただ「受け取った幹部には、協会からとの認識はなかった」と強調し、この幹部の氏名や肩書は明 らかにしなかった。 県警が協会に委託したのは、国の雇用対策施策の一環として失業者を雇う防犯パトロール隊事業。  契約上は認められない配布用の防犯グッズ、パソコンなどの購入費のほか、携帯電話料金などが計 上されていた。

ソース:産経ニュース
http://ime.nu/sankei.jp.msn.com/affairs/news/120316/crm12031623310035-n1.htm

※4000万円もの不適切支出。

※でも担当者が不審者登録されることは100%ないよね。

私的流用を含むって・・十分すぎるくらい不審じゃないですか!?

 

 

ストレス、うつ病、向精神薬、因果関係のあれこれ

恒常的ストレス→うつ病発生率、うつ病→自殺する率について調べてます。が、これにどうも向精神薬の大量処方が絡んでくるようです。恒常的ストレス→うつ病→向精神薬の大量摂取→自殺かな。。

Wikipedia「日本の自殺」より抜粋

>厚生労働省の自殺・うつ病対策プロジェクトチームは、精神科や心療内科で処方される向精神薬多剤大量服用が自殺を引き起こす要因になっていることを挙げており[33]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%AE%BA

 
◆Wikipedia「日本の医療」より抜粋↓

OECDは2014年に「日本の精神医療制度はOECD諸国の中で、精神病床の多さと自殺率の高さなど悪い意味で突出している」[110]
>また日本はうつ病関連自殺により25.4億ドルの経済的損失をまねいていると報告している[111]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%AE%BA#.E6.97.A5.E6.9C.AC_3
 

◆参考blog:うつ病、精神病患者が急増、資本主義むきだしな日本のメンタル医療構造。

>9年間で2.4倍に増加 気分障害患者数(43.3万人→104.1万人)
>H8年からH20年で、精神科は約1.8倍、心療内科は約5.7倍の増加
>1ヶ月の精神病院の死亡退院患者数:1,242人(平成15年)    http://matome.naver.jp/odai/2142031045980508101
 

◆追記*嫌な上司に耐えるストレスが脳を破壊する?あなどれない「ストレス」の脅威 Bizjournal
>現代では、ひとつひとつのストレスはそれほど大きくないとしても、積み重なることによって体に障害が現れるレベルに達してしまう。