ストレス、うつ病、向精神薬、因果関係のあれこれ

恒常的ストレス→うつ病発生率、うつ病→自殺する率について調べてます。が、これにどうも向精神薬の大量処方が絡んでくるようです。恒常的ストレス→うつ病→向精神薬の大量摂取→自殺かな。。

Wikipedia「日本の自殺」より抜粋

>厚生労働省の自殺・うつ病対策プロジェクトチームは、精神科や心療内科で処方される向精神薬多剤大量服用が自殺を引き起こす要因になっていることを挙げており[33]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%AE%BA

 
◆Wikipedia「日本の医療」より抜粋↓

OECDは2014年に「日本の精神医療制度はOECD諸国の中で、精神病床の多さと自殺率の高さなど悪い意味で突出している」[110]
>また日本はうつ病関連自殺により25.4億ドルの経済的損失をまねいていると報告している[111]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%AE%BA#.E6.97.A5.E6.9C.AC_3
 

◆参考blog:うつ病、精神病患者が急増、資本主義むきだしな日本のメンタル医療構造。

>9年間で2.4倍に増加 気分障害患者数(43.3万人→104.1万人)
>H8年からH20年で、精神科は約1.8倍、心療内科は約5.7倍の増加
>1ヶ月の精神病院の死亡退院患者数:1,242人(平成15年)    http://matome.naver.jp/odai/2142031045980508101
 

◆追記*嫌な上司に耐えるストレスが脳を破壊する?あなどれない「ストレス」の脅威 Bizjournal
>現代では、ひとつひとつのストレスはそれほど大きくないとしても、積み重なることによって体に障害が現れるレベルに達してしまう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中