防犯パトロールのマニュアル?3(音)

一部防犯パトロールのマニュアルについては、通行時の妨害、同じ仕草などについて紹介していますが、それ以外に目立つ手法として、音によるストレスを与えつづける行為があります。

先日、騒音が原因での刺殺事件もありましたが、音のストレスは人を相当苛だたせます。すでに、防犯パトロールのマニュアル?1およびで紹介したような、連続した通行妨害、嘲笑・同じ仕草でのパワハラなどは、相手に自分の認識に疑問を持たせたり、恐怖からうつに追い込んでいきますが、音系ストレスの場合は逆切れを誘発する傾向があるといえるでしょう。

・音によるストレスを与え続ける手法

簡単な手法です。1対象者の近辺で通常の生活音より大きめの音を立て続ける手法です。たとえば日常生活では、ドアを閉める、カバンを置く、書類を置くときなどよく音が出るものですがこの音を強めに立てます。要は不機嫌な人間が職場やオフィスでやりがちな行為です。いらいらしてる人間がドアをバーン!としめたり、書類をドサっとおいたり(舌打ちorため息つきだったり^^)、机蹴ったりってのは、生きていればオフィス・家庭でみかけたことがあるかと思います。一人二人がそんなことしても、「なにあの人、苛ついてるね」でおわります。

・ただし、大勢の人間がかわりばんこに、一人の対象者の周りで毎日毎日こんな音をたくさん立て続けます。対象者はしだいに音に敏感になり、神経質になったり時に逆キレしたりします。騒音ではないものの『勘にさわる音』を、まめにたてられ続けるからです。また、それが嫌がらせであることを本人はわかるからです。耳の良い人には相当ストレスなパワハラです。

そして、

この防犯パトロールの手法全般について言えることですが、一つ一つの行為は単なる日常行為であり全く問題ありません。あくまで集団で一人に対し、コツコツ長期間継続しておこなうことでだんだん相手を弱らせることができるのです。あるいは逆キレさせることができるのです。さりげない嫌がらせの大量投下です。

 

(追記11/10)

↓こんな暴露話もでており、警察指導で陰湿なことを一部の防犯パトロールが集団で一個人に行っている?

https://bouhanpatrol.wordpress.com/2016/08/11/5872/