顔認証問題、米国、EUの法整備についての記事、blog

顔認証問題は新技術なので、米国でも法整備ほか現在進行中です。まとめてみました。

・2015年 米国動向 業界と消費者団体は物別れ中

・米、顔認識技術の利用基準で人権団体と業界代表が物別れ
>顔認証でひもづけたた情報を販売・広告に利用したいby業者側、
>人は最低限、聞いたこともない企業から一挙手一投足を追跡され、個人名を特定される恐れなしに往来を歩けなくてはならないby消費者側

米国連邦レベルの法整備が遅れており、イリノイ・テキサス州が独自に法律を制定
>イリノイ州は顔認識情報など生体情報を収集する際にはユーザに、その目的と情報の保管期間を説明し、ユーザから書面同意要(生体情報保護法BIPA)。テキサス州も本人同意要。

・禁じ手の「顔認証」実現を目指す企業も出現! サービス・小売業におけるグーグルグラス活用事例
2014年までは禁じ手という意識があったよう。

消費者の7割「顔認証を利用した高度サービス」不評--米国
2016年時点 米国 顔認証マーケティングでは不評のよう。

☆尚、日本、EU、米の顔認証システムと法的整備、本格的解説Blogはこちら↓
◎わが国の改正個人情報保護法の政令、施行規則等は「顔認証」に関しベスト・プラクティスを保証する内容といえるか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中