防犯用途では、人権やプライバシー権の侵害にならないように注意!

NECさんは、ちゃんとHPで「特定の個人を識別できる画像データ」は個人情報だから、法令順守するようにと書かれてたんですね↓  ↓

NEC Orchestrating a brigher world

>>街頭や店内などで、不特定の人物を撮影する場合は、法令順守はもちろん、
>防犯用途では、人権やプライバシー権の侵害にならないよう十分に注意し(お問合せ上)

★小売の人間にはもっと「平易」に書かないとわかりませんよ(現場経験から言い切る)
■在庫合わない日にうろうろしていただけの人の顔を登録してはいけません
■何となく動きがあやしいだけの人の顔を登録してはいけません
■怪しいと思ったたけの人の「友達」の顔をかってに登録してはいけません。
とか、違法登録例一覧でもマニュアルにつけたげるとより良いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中