顔認証システムは防犯の主流になりえるか? 

顔認証システムが一般の人に知られ始めたこのごろですが実際は当の昔に普及しています。ただ、防犯市場は次々最新システムが出ており、課題もかかえるこのシステムが主流になるかどうかは、わかりません。万引き現場ではうまく使えていないという現場の意見もTwitterでみかけます。

↓尚、Euの最新システムは、外見・人種など個人情報保護に配慮『動き』のみ分析。

■欧州6カ国が共同で開発中の「監視カメラを監視するシステム」

↓2020東京オリンピック採用!なんとオーラで不審者検知

全てのセキュリティ機器が過去になる DEFENDER-X(2020年東京オリンピック採用)
上は固め、簡単に読めるのは↓
※DEFENDERXはこわもての怪しげな風貌でも精神が安定していれば反応せず

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中