利用規約は”規約に書かれていないところ”が重要という話

米国。

・スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるか? 4/22 Gigazine

>データの収集を制限する良い方法の一つは、実際に使用する機能に関係する情報だけ有効にすることだと専門家は述べたとのこと。

・テレビがユーザーの詳細なコンテンツ視聴データを秘密裏に収集した件で違約金支払い、集団訴訟に発展する恐れ Gigazine 2/7

>Pioneerなどのテレビメーカーを撤退に追い込むなどアメリカ市場を席巻したVIZIO製のテレビですが、ユーザーの個人情報を売却することで低価格が実現されていたようです。

 

一年間の検索キーワード上位一覧

おかげさまで本blogも一年続けてこれました!検索年間キーワード上位をご報告

1位. 顔認証 冤罪
2位.防犯パトロール 正体
2位.顔認証被害者の会
3位.不審者登録
4位.顔認証冤罪
5位.https://bouhanpatrol.wordpress.com/
6位.顔認証システム 冤罪
7位.顔認証システム 殺人システム 一家心中 人権侵害
8位.やりすぎ防犯パトロール
9位.防犯パトロールブログ
10位.花水木法律事務所 顔認証
12位.wordpress 防犯パトロール
13位.顔認証 冤罪の人のブログ
14位.顔認証やりすぎ防犯冤罪
15位.コンビニ店員だけど、警察官に変な依頼された。

防犯カメラはOK。使っている人間と運用の仕組みが問題

以前の記事にも書きましたが→防犯カメラ、監視カメラ〇、杜撰な運用が✖

別に防犯カメラをは否定していません(人間の通報より信頼性は高いはず)

しかし、適当に万引したかもやれ不審者だので普通の人をデータベースに登録して、全国広域に情報拡散して大勢の店員やら警備員やら防犯B,Pでごく普通のおじさん、おばさん一人にたいして大人数で圧迫行為をしていないかと→不審者されたらどうなるか。

しかも、睨んだり、ニヤニヤしたり、わざとぶつかりそうにしたりと、女の腐ったような陰湿なマニュアルを、全国的に実施してるのではないかと(ついのりで一線超えたにしちゃ同様報告多い)

”防犯のためなら嫌がらせOK”とか、”防犯のためなら犯罪OK”

は変だと思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンビニが全商品に電子タグ貼付へ、レジや棚卸を効率化=経産省

ほんと、こういうのがが一番スッキリしていいわ。書店もそうすればいい。

・コンビニが全商品に電子タグ貼付へ、レジや棚卸を効率化=経産省 ロイター 4/18

 

指紋、虹彩、顔認証… どれが安全? スマホ生体認証の「限界」を探る

スマホの話。

指紋、虹彩、顔認証… どれが安全? スマホ生体認証の「限界」を探る

~モバイル最前線:完全に安全な手段などそもそも存在しない~ News Picks 4/13

 

NEC顔認証システム ラインアップを強化

NEC、中堅・中小企業向けの顔認証ソリューション事業を強化  Yahooニュース 4/13

主に顔認証での勤怠管理システムや、入退室管理システムなど売ってく話と

●新製品。。30万は安い↓

>新たな製品としては、顔認証システムに登録した顔情報を、複数拠点・店舗間でリアルタイムに共有できる「顔情報共有マネージャ」を6月末に提供開始する。価格は30万から。

●なんと ”個人情報に配慮した” オプション登場↓

>FieldAnalystオプションは・・画像データは保存しないため、個人情報やプライバシーにも十分配慮している。

万引被害年間5000億円、データの出元はこちら

日本の万引き被害額年間約5000億円、とよく引用されていますが、この5000億円の出元はどこかとたどるとこちらでした。

最新版 小売業のロス対策に関する世界調査報告書 2014.11 株式会社チェックポイントシステムジャパン(東京都港区)

日本は、特に各国の中で万引きが多いという結果になっています。

>ロス要因の内訳
– 【世界】ロスの最大要因は万引き(39%)、次いで従業員による盗難(28%)
– 【日本】万引き(47.6%)、次いで管理上のミス/犯罪以外のロス(35.2%)

>アメリカでは内引き(従業員万引き)が最も多く(42.9%)、万引き(37.4%)
>日本では内引き(従業員万引き)は(9.2%)、万引き(47.6%)、

しかし、調査方法は店へのアンケート方式です。つまりあくまで店側の推定
>24カ国の小売企業に対し電話または記入式のインタビュー形式。回答企業数は222社

※内引きもっと多いと推測します。
万引き・内引きのデータ

もちろん、万引きも、内引きも犯罪ですけどね。できるだけ実態に近い数字は知りたいし。